CIVIC ECONOMY LAB

私たちが小さな経済を生み出す方法

【9.25 Sun】第4回 シビックエコノミーラボ 講師:江口晋太朗さん ゲスト:上田假奈代さん(ココルーム代表)

シビックエコノミー 世界に学ぶ小さな経済のつくり方』『日本のシビックエコノミー 私たちが小さな経済を生み出す方法』(ともにフィルムアート社)が刊行され、日本でもシビックエコノミーという言葉が浸透してきました。

「シビックエコノミー」=既存のジャンルを横断し、民間・行政・第三セクターの枠を超えた「市民主体の新しいエコノミー」のことです。

シビックエコノミーラボは、京都で全7回のゼミ形式の講座を開催いたします。
講師は『日本のシビックエコノミー』の著者でもある江口晋太朗さんです。
毎回「シビックエコノミー」的な活動をなさっている方をゲストとしてお呼びし、単なる座学ではない「立体的な知識」をゼミ形式で学んでいただきます。

第1回目のゲストには株式会社タウンキッチンの北池智一郎さん、第2回目のゲストにはNPO法人尾道空き家再生プロジェクトの豊田雅子さん、第3回目のゲストには、TSUGI llc. (合同会社ツギ)の代表、新山直広さんをお迎えいたしました。

そして、第4回目のゲストはNPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表の上田假奈代さんです。

上田さんは、釜ヶ崎(日本最大のドヤ街、日雇い労働者の寄せ場)で、「カフェ運営」の形をとって、アートやメディアなどを軸に、ホームレスの詩人やピアニストのマネジメントを行ったり、若者の就労支援をしたり、野宿のことを考える夜回りや高齢者のアパート管理、やがて直面する孤独死に向き合うなど、ジャンルを越境しながら活動してきました。

行政とともに粘り強く文化政策に関わり、多様な人々の「出会い」と「出会い直し」の場づくりを仕掛け続け、そのなかから生まれた「釜ヶ崎芸術大学」は2014年に横浜トリエンナーレ出場を果たします。

そして2016年春からは、新事業・ゲストハウス運営が始まりました。

日本の「ソーシャルデザイン」のなかでも先駆的なココルームの活動は、アートやデザイン、場づくりなどジャンルを越えて多くの研究者やアーティスト、クリエイターの注目を集め続けています。

また、今年6月には『釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店、ココルーム』(フィルムアート社)が発売になりました。

「私たちの生活や価値が経済の仕組みに回収され、消費者としてしか生きられない場所にいたくはない。面倒ごとがなく、無駄や非効率なもの、醜いものを排して、安全安心な場所、を本当につくれるのか」
「これまで、生きることは表現だ、仕事は表現だ、と大きい事を言ってきたことが恥ずかしかった。表現を担保するとは、お互いの存在を認め、大切にしている場をつくれているかを問われているということなのだ。表現することが大事なのではなくて、表現できる場をつくれているか、その場の一人として、他者として生きているか、と。」(本文p.55より)
―――上田假奈代

ぜひみなさんご参加ください!


【日時】
2016年9月25日(日)
13:00~16:00(開場12:30)

【ゼミ全体のスケジュール】
毎月1回(月末の日曜日予定)
時間13:00-16:00
第1回 6月26日(日) ゲスト:北池智一郎さん 株式会社タウンキッチン代表
第2回 7月31日(日) ゲスト:豊田雅子さん NPO法人尾道空き家再生プロジェクト代表理事
第3回 8月28日(日) 新山直広さん TSUGI llc.(合同会社ツギ)代表
第4回 9月25日(日) 上田假奈代さん ココルーム代表
第5回 10月30日(日)
第6回 11月27日(日)
第7回 12月18日(日)
※変更する可能性アリ

【参加方法】

こちらのフォームに必要事項を記入する。

※お申し込み後のキャンセルはご遠慮ください。

【定員】
~15名程度

【参加費】
2,000円

【お支払方法】
当日会場にて現金で徴収させていただきます。

【会場】
Impact Hub Kyoto
〒602-8061 京都府京都市上京区甲斐守町97 2F
※ Impact Hub Kyotoは4月1日より上記住所に移転しました。

【第4回目 ゲストプロフィール】
上田假奈代さん
詩人・詩業家。NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。
1969年奈良県吉野生まれ。3 歳より詩作、17歳から朗読を始める。1992年から詩のワークショップを手がける。2001年「詩業家宣言」を行い、さまざまなワークショップメソッドを開発し、全国で活動。2003年新世界フェスティバルゲートで、ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマに社会と表現のかかわりをさぐる。2008年から西成区通称・釜ヶ崎で「インフォショップ・カフェ ココルーム」を開き、喫茶店のふりをし、2009年向かいに「カマン!メディアセンター」開設。「ヨコハマトリエンナーレ 2014」に釜ヶ崎芸術大学として参加。2016年春移転し「ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム」を開く。詩写真集『うた』(WALL)、『こころのたねとして~記憶と社会をつなぐアートプロジェクト』(ココルーム文庫)、朗読CD『詠唱! 日本国憲法』、『あなたの上にも同じ空が』ほか。初の長編映画『釜ヶ崎オ!ペラ~恃まず、恃む、釜ヶ崎』を製作中。大阪市立大学都市研究プラザ研究員。2012年度朝日21関西スクエア賞。2014年度文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞。 www.cocoroom.org www.cocoyadoya.org www.kanayo-net.com

【講師プロフィール】
江口晋太朗さん
編集者、ジャーナリスト。TOKYObeta Ltd.代表取締役。1984年生。福岡県出身。メディア、ジャーナリズム、情報社会の未来、ソーシャルイノベーション、参加型市民社会などをテーマに企画プロデュース、リサーチ、執筆活動などを行う。「マチノコト」共同編集、NPO法人マチノコト理事、アートプロジェクトを推進するNPO法人インビジブル理事、インディーズ作家支援のNPO法人日本独立作家同盟理事などを務める。Open Knowledge Japan、Code for Japan のメンバー。著書に『ICT ことば辞典』(三省堂)、『パブリックシフト:ネット選挙から始まる「私たち」の政治』(ミニッツブック)ほか。

【主催】
Civic Economy Lab

【お問い合わせ】
mail : civiceconomylab@impacthubkyoto.net